せいかつノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せいかつノート

日々の生活を少しだけ良くする

いきものがかりが活動休止するのでシングルリリースされた曲を振り返った(前編)

趣味 趣味-音楽

http://ikimonogakari.com/houboku/

いきものがかりが「放牧宣言」として活動を休止することを発表しました。

 いきものがかりは私にとって特別なアーティストです。メジャーデビューして10年間ずっとそばにいてくれたと思っています。その感謝を込めてシングルリリースされた曲を実際に聴きながら、前半と後半に分けて振り返りたいと思います。

SAKURA( 2006年3月15日)

 

SAKURA

SAKURA

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

私が14歳で中2の曲です。めざましTVで特集されていたのを今でも覚えています。この頃からどこか魅力がありました。初めてのいきものがかりライブで初めて聴いた曲がSAKURAで聖恵ちゃんを見て泣きました。カラオケでもよく歌う曲です。

HANABI( 2006年5月31日)

 

HANABI

HANABI

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

初期いきものがかりといえばHANABIかなと思います。この爽快感は聴いていて本当に気持ちいいです。こうやって振り返るといきものがかりの原点って切ない感じの曲が多かったんだと気づきます。

コイスルオトメ( 2006年10月18日)

 

コイスルオトメ

コイスルオトメ

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

私が15歳で中3の曲です。コイスルオトメを語る上で欠かせないものはやはりPVではないでしょうか。カラオケでも定番だと思います。高校生の頃ずっとこの曲を練習していたのを覚えています。

流星ミラクル( 2006年12月6日)

 

流星ミラクル

流星ミラクル

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

流星ミラクルのPVの男役の子が確かコイスルオトメと同じ人だったと思います。シングル4枚目は今までの切ない感じから少し生き生きとしたテイストになります。

うるわしきひと/青春のとびら(2007年2月14日)

 

うるわしきひと

うるわしきひと

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

青春のとびら

青春のとびら

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 初の両A面シングルです。もう最近では聞かない気がする…うるわしきひとはアクエリアス ビタミンガードCMソングだそうです。さすがに覚えていない…青春のとびらはむっちゃ好きです。ららら、ららら〜のところがむっちゃ好きです。

夏空グラフィティ/青春ライン(2007年8月8日)

 

夏空グラフィティ

夏空グラフィティ

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

青春ライン

青春ライン

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 私が16歳で高1です。カラオケで歌いまくった夏色グラフィティです。この頃はまずこの曲を入れていたと思います。本当にこの曲は歌っていて気持ちよかったです。青春ラインはおおきく振りかぶっての主題歌でもあるので耳にしたことがある人も多い気がします。この頃のいきものがかりは青春真っ只中!って感じで良いです。

茜色の約束(2007年10月24日)

 

茜色の約束

茜色の約束

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 茜色の約束のPV収録は高校野球の甲子園決勝の日だったそうです。佐賀北高校が優勝した日です。記憶が確かなら結婚する友人に宛てた歌だったと思います。今までを振り返り、これからを一緒に歩きたい。本当に好きな歌です。ライフアルバムの13曲目にacoustic versionがあるので、これもおすすめです。

花は桜 君は美し(2008年1月30日)

 

花は桜 君は美し

花は桜 君は美し

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 花は桜 君は美しはSAKURAに次ぐ「いきものがかり」代表の曲かなと思っています。2回目のライブではこの曲が1発目でしたけどやっぱり泣きました。本当にいきものがかりといえばこの「感じ」なんです。

帰りたくなったよ(2008年4月16日)

 

帰りたくなったよ

帰りたくなったよ

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 私が高2のときです。茜色の約束のような印象を持っています。これは実家を離れてから聞くと印象が変わります。この曲はMy Song Your Songに収録されていますが、3rdアルバムあたりから昔の荒々しい曲が減って丸くなっていきます。いきものがかりも時間とともに変化、成長したのかもしれません。帰りたくなったよも14曲目にacoustic versionがあるのでこちらもおすすめです。

ブルーバード(2008年7月9日)

 

ブルーバード

ブルーバード

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

NARUTOの主題歌で聴いたことがある人も多いと思います。いきものがかりらしい曲だと思います。勢いのある曲なのでカラオケでも何度も歌いました。青い青いあの空を3回繰り返す力強さが良いです。ライブでは間奏に入るとき、聖恵ちゃんがリーダー!って振るところが好きです。

プラネタリウム(2008年10月15日)

 

プラネタリウム

プラネタリウム

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

私が17歳です。My song Your songの1曲目なので通学中よく聴いていました。プラネタリウムはYELLに行き着く布石だったかなと勝手に思っています。

気まぐれロマンティック(2008年12月3日)

 

気まぐれロマンティック

気まぐれロマンティック

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 ドラマ主題歌でカラオケ選曲ランキングも当時は上位だったと思います。気まぐれロマンティックはPVがとても可愛いです。振り付けも覚えてライブで踊ってました。ニュースキャスターの聖恵ちゃんが好きです。

ふたり(2009年5月27日)

 

ふたり

ふたり

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 私が高3です。ここから4thアルバムのハジマリノウタ収録です。久々のセツナ系でした。これもドラマの主題歌でした。

ホタルノヒカリ(2009年7月15日)

 

ホタルノヒカリ

ホタルノヒカリ

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 これもブルーバードと同じくNARUTOの主題歌でした。そしてブルーバードや花は桜 君は美しと同じいわゆる、セツナポップでいきものがかりらしい曲ってやつだと思います。ずっと聴いていました。

YELL/じょいふる(2009年9月23日)

 

YELL

YELL

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

じょいふる

じょいふる

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 私が18歳です。YELLはNコン主題歌です。この頃からNHKとのつながりが増えた気がします。じょいふるは言わずと知れた曲だと思います。ポッキーのCMです。今でもBGMでよく耳にしますし、ライブでも一番盛り上がる曲です。

なくもんか(2009年11月11日)

 

なくもんか

なくもんか

  • いきものがかり
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 センターまで後2ヶ月とかその時期です。帰りたくなったよと似たイメージです。はたらいくCMソングだったそうです。ジャケットが印象的だったのを覚えています。

 

まとめ(前半)

ここまで、16曲振り返ってみました。後半は私が高校生活を終えて、大学生として生きる中で聴いた曲になります。音楽を聴いて昔を時代を感じる曲は貴重ですが、いきものがかりの曲はそればっかりでした。後半を振り返るのも楽しみです。