せいかつノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せいかつノート

日々の生活を少しだけ良くする

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」観ました

映画 映画-邦画

https://www.instagram.com/p/BOGQnkXB64_/

公開当日の12/17に「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を観ました。

どんな映画か?

原作は七月 隆文の小説「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」です。タイトルからも分かるようにタイムリープ、タイムトラベル系ラブストーリーです。主演の南山高寿は福士蒼汰。ヒロインの福寿愛美はバクマン。で亜豆美保を演じた小松菜奈です。舞台は京都。高寿の一目惚れで二人は付き合うことになり、幸せな日々を過ごしますが愛美にはある秘密があり、その秘密を高寿に打ち明けます。

面白かったか?

切なかったです。もちろん原作は読んでいたのでストーリーはすべて頭に入っていましたけど、いっぱい泣きました。好き合ってても会えなくなるなんて…( ;∀;)そんな人居なくても泣きます。居たらもっと泣くと思います。  

原作の再現度も高いと思いますし、いい映画だったと思います。特に小松菜奈は愛美役にハマっていたと思います。可愛い。服めっちゃ似合ってました。

どのシーンが印象に残ったか?

二人のデートで愛美がベンチに向かって「だめだぞっ、キミ」というシーンが可愛いのでぜひチェックしてください

その他

 

 

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)