せいかつノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せいかつノート

日々の生活を少しだけ良くする

「グッドモーニングショー」を観てきた


「グッドモーニングショー」予告

 

グッドモーニングショー観てきました。

どんな映画か?

踊る大捜査線の君塚良一監督のオリジナル脚本「グッドモーニングショー」です。確かにどことなく「踊る臭」がする映画だったと思います。

ある日、都内のカフェで立てこもり事件が発生します。落ち目のキャスターの澄田(中井貴一)がに要求され、現場に向かい立てこもり犯にインタビューをします。ニュース番組、テレビ局の裏側なども描かれています。マスメディアの力で犯人を説得できるか。といったテーマです。

面白かったか?

eiga.com

つまらなかったです。映画.comの評価は3.3

つまらなかった理由として、この映画で共感できる点がほとんど無かったからです。「ワイドショーの意地があるんだ!」ってやっていることはただの捏造じゃんと。製作はフジテレビですけど自分らは捏造ばっかりやっていますと言いたかったのかな。立てこもり犯の同期もイマイチ共感はできない。全体的に、今ひとつ盛り上がりに欠けました。典型的な予告は面白そうだけど中身が駄目なタイプの映画だったと思います。キャストは良かったと思います。長澤まさみと志田未来が可愛い。

 

どのシーンが印象に残ったか?

「生放送」ならではの臨場感はよく描かれていたと思います。

その他


KANA-BOON 『Wake up』

音楽はKANA-BOONのWake upは映画のテーマにはよく合っていたと思います。