せいかつノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せいかつノート

日々の生活を少しだけ良くする

動物好きだったので「ペット」を観てきた

映画 映画-邦画

https://www.instagram.com/p/BJfSiQqhJeq/

水曜日に観てきました。3日連続です。

あらすじ

ペット (映画) - Wikipedia

小型犬のマックスは、飼い主のケイティと共にマンハッタンのアパートで暮らしていた。彼は子犬の頃にケイティに拾われ、お互い幸せな日々を送ってきたが、マックスはケイティが日中ずっと家にいないことだけを残念に思っており、ケイティの帰りを待つ間は毎日のように近所に住む他のペット達ーーポメラニアンのギジェット、デブ猫のクロエ、ダックスフントのバディ、セキセイインコのスイートピー、パグのメルとつるんでいた。
ある日、ケイティは保健所から大型犬のデュークを引き取り、家に連れて帰ってくる。デュークはマックスに横柄な態度で接するが、結局マックスに言いくるめられる。それが気に入らないデュークは、翌日ペットシッターによって近所のペット達と共にドッグランへ連れて行ってもらった際、マックスをドッグランの外に連れ出し、彼をゴミ箱に放り込んで自分だけ家に帰ろうとする。 

キャスト

マックス(ルイ・C・K/設楽統〈バナナマン〉)[6]
デューク(エリック・ストーンストリート / 日村勇紀〈バナナマン〉)
スノーボール(ケヴィン・ハート / 中尾隆聖)
オゾン(スティーヴ・クーガン / 山寺宏一)
ケイティ(エリー・ケンパー / 佐藤栞里)[3][7]
メル(ボビー・モイニハン / かぬか光明)
クロエ(レイク・ベル / 永作博美)[7]
ポップス(ダナ・カーヴィ / 銀河万丈)
バディ(ハンニバル・バーエス / 青山穣)
ギジェット(ジェニー・スレイト / 沢城みゆき)
タイベリアス(アルバート・ブルックス / 宮野真守)
スイートピー(タラ・ストロング / 吹き替えなし)
ノーマン(クリス・ルノー / 梶裕貴) 

感想

感動も何も無かった。他の映画と比較するのはあまり好きではないけどファインディング・ドリーの超劣化版といっていい気がします。ミニオンの短編をもう少し観たかった。やっぱりかわいいよねミニオン。ユニバーサル・スタジオのアニメ映画は人の体型が特徴的すぎてイマイチ好きになれないですが、今回は「ペット」がメインだったのでその点はあまり気になりませんでした。バナナマンの吹き替えはまあまあでした。グルーの鶴瓶さんには負けるかも。吹き替えは生かすも殺すもキャスト次第な部分はありますよね。ペットを飼ってる人は自分のペットが自分のいない時何をやっているか想像しながら観てみると面白いかもしれません。